パワーステアリングの故障? 修理する前のトラブルシューティング


ご存じですか?

パワーステアリングは、ハンドル操作を楽にする為の画期的なシステムで、現在では殆どの車に標準装備されていますが、大きく分類すると、油圧式と電動式の2種類になります。

それぞれで故障の原因や症状も異なってきます。

ハンドル操作で異音や異常を感じたり、調子が悪いと感じたときは、早急に修理工場にご相談下さい。
異常を放置したまま走行すると、運転中にハンドルの操作ができなくなる等、重大な事故に繋がる危険性があります。


油圧式パワーステアリングの仕組み


油圧パワーステアリングの仕組みは、下記のようなイメージになっています。


エンジンからベルトを介してポンプのプーリーを回し、油圧を発生させています。

ポンプで発生した油圧の力を利用して、ラック&ピニオン式パワーステアリングギアを動かしています。

ラック&ピニオンとは下記の画像のように、 ピニオンギアとラックギアの組合せの事を指しています。


油圧式パワーステアリングの不具合事例と原因・部品交換時の注意点

よくある不具合事例と原因を下記に表記しましたので、ご参考下さい。

不具合事例 原因
異音「ウオーン」「ウィーン」など オイル量の不足、オイルの劣化など
振動「ガクガク」「カクカク」など ジョイント部分のガタ、ブッシュの経年劣化など
異音「キーキー」「キュルキュル」など ベルトの摩耗、経年劣化による滑りなど
ハンドルの戻りが悪い アライメントの狂い・サスペンション関係の不具合など
パワーステアリングが重い パワステポンプ本体の故障による油圧不足、オイルライン(ホース、リザーバタンク、ラック&ピニオン)の詰まり、シャフトやステアリングコラムの経年劣化による作動不良など


長年に渡り、パワステポンプの交換理由をお客様からお聞きして来ましたが、最も多い理由が『ポンプからの異音』です。

異音の発生でパワステポンプのみ交換作業している方が多くおられますが、お客様から返却されましたパワステポンプを確認しますと少数ですが不具合の無いコアがあります。

パワステオイルはエンジンオイルのように、定期的に交換される方は非常に少ないので、オイルの劣化によって、オイルラインに詰まりが生じる事があります。

まずは、オイルの状態を確認しオイルラインの詰まりを全て洗浄または交換する事です。異音発生の初期症状であれば、改善されると思います。

オイルラインが詰まった状態で パワステポンプだけ交換しても、症状が改善されることはありません。目詰まりしたリザーバタンクの交換で異音が解消する場合も多くあります。


電動式パワーステアリングの仕組み


電動式パワーステアリングの仕組みは、下記のようなイメージになっています。

※画像参照(ジェイテクト)

油圧式パワーステアリングはエンジンを動力とする為、燃費を重視させるには不向きです。

燃費の向上を図る為 、急速に普及が進んでいるのが、電動式パワーステアリングです。


電動式パワーステアリングの不具合事例と原因・注意点など


よくある不具合事例と原因を下記に表記しましたので、ご参考下さい。

不具合事例 原因
異音「ウオーン」「ウィーン」など 減速機の異常、モーターの異常など
振動「ガクガク」「カクカク」など ジョイント部分のガタ、ブッシュの経年劣化など
ハンドルの戻りが悪い アライメントの狂い・サスペンション関係の不具合など
パワーステアリングが重い パワステコントローラ(ECU)、センサー、モーター、減速機の故障など

 

電動式のパワステは、停止した状態でハンドル操作を繰り返すと高負荷でモーター内部の温度が上がり 、 一時的にハンドルが重くなってしまうことがありますが、温度が下がると、ハンドル操作は軽くなります。 この症状は故障ではありませんので、電動式のパワステの特徴の一つとして理解して頂ければと思います。